安倍総理「秘書ご子息」の「ゲーセンのケンカ」に捜査1課投入した次期警察庁長官

政治 週刊新潮 2019年11月28日号掲載

  • ブックマーク

安倍総理「秘書ご子息」のケンカに捜査1課を投入した次期「警察庁長官」(1/2)

 安倍総理の秘書ご子息の単なるケンカに警視庁捜査1課を投入したのは、「官邸の番犬」だった。総理ベッタリ記者のレイプ逮捕状を握り潰す一方、権力者側と軋轢を起こす者は逮捕する前代未聞の忖度捜査。そしてこの「警察国家の雄」は次期警察庁長官間違いナシなのだ。

 ***

〈ミステリは、民主主義国家で警察が正常に機能していないと生まれない。警察による不当逮捕や拷問がまかりとおっている国では「謎解き」は成立しない〉

 評論家の川本三郎氏は、ある香港人作家がものした警察小説を評する際に、こう書いたことがある。かねて香港警察が機能不全に陥ってきたという認識がある川本氏にとって、この小説は望外の傑作だと続けている。

 では、日本はどうだろうか。もちろんミステリではなく、警察の話である。

〈警察として恥ずべきことをやらされた。とんでもないことをやらされました〉

 警視庁刑事部捜査1課刑事のそんな声が本誌(「週刊新潮」)に伝わってきたのは、2016年半ばのことだった。その響きは、絶望的な空気に支配されている。

 取材を進めていくと、ある警視庁の幹部に行き当たった。彼は吐き捨てるようにこう話した。

「捜査1課のある刑事が同僚と一杯飲(や)っていたら、グチられたと。“大変だったんですよ”って。その男は三鷹署でヘンタイ教師の捜査をしていたらしい。その捜査が大詰めを迎える中で、釣(つり)(宏志・捜査1課長=当時)に突然、本部に呼び出されたって言うんだ」

 ヘンタイ教師の捜査とは、東京・三鷹の小学校に通う男子児童を裸にしてカメラで撮影したとして、捜査1課が強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで男性教諭を逮捕した事案を指す。逮捕は15年11月半ばで、捜査1課長からの呼び出しはその少し前だという。

 全ての捜査を指揮する釣1課長は、この捜査員を警視庁本部6階の20畳ほどの自室に招いてこう告げた。

〈三鷹をちょっと止めて別の件をやって欲しいんだ。世田谷署管内のゲームセンターで子供が殴られた。すぐやってくれ。(加害者を)3日で逮捕しろ。これは中村刑事部長のご下命だ〉

 その話し方には、何よりも優先して早くという“圧”が感じられた。

 中村刑事部長とは、中村格(いたる)氏(56)のことだ。本誌が再々、報じてきたように、彼は刑事部長時代の15年6月、“総理ベッタリ記者”こと山口敬之・元TBSワシントン支局長に出されていた準強姦(当時)逮捕状を握り潰したことで知られる。そのあと栄達を重ね、今や警察庁ナンバー3の官房長を務めている。

 本稿は彼による前代未聞の忖度捜査を巡るものだ。まずは話を警視庁本部6階に戻すと、当の捜査員の顔には当惑、不満、消沈……様々な感情が刻まれていた。それもそのはず、捜査1課とは殺人、強盗、暴行、傷害、誘拐に放火、性犯罪など凶悪犯罪の捜査を担う。首都を守る警視庁「花の捜1」には全国最強、歴戦の強者が集うのは論を俟たない。

〈何で俺が? ゲーセンのケンカで? 捜査1課が?〉

 もっとも、厳格な階級組織を渡って来た男の口がその場で異論を挟むはずはない。

〈わかりました。誰(=どの捜査員)を連れて行けばいいですか?〉

 捜査員は不満を飲み込み、世田谷署に出向いた。

「ゲーセンのケンカなんか、“今度は気をつけろよ”と厳重注意で済む話。そんなもの犬も食わないっていうのは冗談にせよ、(地元の)署も食わないし、まして捜査1課が出て行くなんてあり得ないよ」

 と、さる警視庁OB。同様に別のOBも、

「現場は“寝る間もないほど大変だったんですよ”と話していた。店内と周辺の防犯カメラから加害者を割り出し、暴行容疑で逮捕状を請求して逮捕したわけだけど、“むしろ加害者の方が可哀想になっちゃいました”とも。それに、“傷害でやれないから暴行(容疑)で身柄を取ったんです”という状況だったようだね」

 と明かし、警察による不当逮捕さえ窺わせる口ぶりだった。凶悪な暴行事件や解決困難なケースでもないのに、わざわざ捜1の精鋭が出張ることになった理由は何だったのか。それは、

〈被害者は安倍(晋三)総理の秘書の息子さんなんだ。すぐに逮捕してほしい〉

 と、中村刑事部長の指示により釣1課長が精鋭を集め、命じたからに他ならない。

次ページ:捜査員の一人は遂に…

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]