大学入試改革、何故すべての道は「ベネッセ」に通じる? 受験産業が入試に関わる危険性

社会 週刊新潮 2019年11月21日号掲載

  • ブックマーク

「大学入試改革」何故すべての道はベネッセに通じるのか?(2/2)

 大学入学共通テストに導入予定だった英語の民間試験は、「身の丈」発言が波紋をひろげ、実施が見送られることとなった。そして今度は、国語と数学の「記述式問題」にも教育界から疑問の声が上がる。採点者の質の確保や、“採点の質”をチェックする仕組みがないためだ(前回参照)。

 今回、記述式問題の採点業務を61億円で落札したのは、ベネッセホールディングスの子会社・学力評価研究機構。衆院文科委員会では「(採点者は)アルバイトもいる。学生か社会人かは問うていない」(ベネッセの学校カンパニー長・山崎昌樹氏)との発言も飛び出し、採点への不安は高まっている。...

記事全文を読む