大学入試改革、国語と数学の「記述式」にも教育界から疑問の声 背後にベネッセの影

国内 社会 週刊新潮 2019年11月21日号掲載

  • ブックマーク

「大学入試改革」何故すべての道はベネッセに通じるのか?(1/2)

 英語民間試験に続いて国語と数学の記述式問題も槍玉に上げられ、大学入試改革自体が大炎上の様相である。50万人が対象の記述式などナンセンスだというのが、大方の一致した見解だが、その採点をはじめ入試改革の全方位に、なぜかベネッセが関わっていて――。

 ***...

記事全文を読む