眞子さまとお似合い? 即位の礼に招かれたブルネイ「イケメン王子」と意気投合

社会 週刊新潮 2019年11月7日号掲載

  • ブックマーク

ブルネイ王室の“配慮”!?

 限られた空間に王族のみ、まして相手は眞子さまと同じ年で、会話が弾まないはずがなかろう。宮内庁関係者はこう明かすのだ。

「現実には、小室さんの問題をクリアされない眞子さまが一足飛びに外国の王子と、となるはずもありませんが、いまだ小室さんへの思いを断ち切れない中で『世の中には、お立場に見合う素敵な男性が大勢いる』という当たり前のことに気付かれる“きっかけ”となれば……。そんな淡い期待を抱いているところです」

 国王とともに来日したのが王位継承者の皇太子でなく、なぜ四男だったのかは気になるところだ。駐日ブルネイ大使館に聞くと、

「(来日した王族が)マティーン王子だった理由についてはわかりません」

 と言うのだが、宮内庁関係者は続けて、

「若くて独り身、端正な顔立ちの四男を参列させたのは、長らく皇室と親密な関係を保ってきたブルネイ王室の“配慮”と受け取れなくもありません」

特集「テレビには映らない『即位の饗宴』秘中の秘」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]