巨人コーチ辞任・鈴木尚広と美魔女の「重婚写真」流出 「ベスト・ファーザー」受賞の陰で家庭崩壊

スポーツ 野球 週刊新潮 2019年10月24日号掲載

  • ブックマーク

“今の嫁とは別れる”

 一方の女性を、仮に野原沙織さんとする。野原さんは鈴木より年長で、その美貌を生かし、若い頃はアナウンサー、年を重ねた後は、流行りの「美魔女」路線に転向し、全国コンテストに出場したことも。現在もその経歴を生かして、CMなどに出演している。

 鈴木には、妻と中学生の息子がいるが、現在、家庭は崩壊し、妻とは離婚訴訟中。対して、野原さんは、医師の夫と、まだ学生の息子が2人。こちらは今でも、表向きは「円満」な家庭生活を送っているのである。

「2人が出会ったのは、2011~12年のことだったと思います」

 と言うのは、両者の関係をよく知る、鈴木の友人。

「その頃、鈴木は既に奥さんへの愛情はなく、家を空けることも多かった。大のオンナ好きですから、“我慢”が出来るワケはなく、巨人の1軍選手なので、“お相手”はたくさんいたんです。そんな頃、友人に紹介されたのが沙織ちゃん。沙織ちゃんの方も、男性関係は派手で、はじめはお互い“遊び”の関係でしたが、じきに真剣な交際が始まったんです」

 当時はまだ鈴木は現役の選手だった。

「宮崎の巨人のキャンプに連れていって、現地で会ったりしていましたね。鈴木が一度、オールスターに出た時は観客席に呼んでいました。どちらかと言えば、鈴木の方が熱心で、“今の嫁とは別れる”“その後で結婚したい”と意思表示をしていました。親しい知人には交際を隠そうともしませんでしたし、実のお姉さんには紹介済みでしたね。フランクミュラーの時計とか、シャネルのバッグとか、カルティエのネックレスとか、よせばいいのに、高いものばかりプレゼントしていました。結婚写真も、その延長で、2人で出かけた折に特別に撮ったもの。沙織ちゃんは鈴木の“押し”に心が揺らいでいる感じでした」(同)

 本来、“日陰の関係”の2人だが、堂々としているのか、それとも脇が甘過ぎるのか。交際の様を、スマホでよく撮影していた。その一部が折も折、クライマックスシリーズ→日本シリーズの重要な時期に流出してしまったというワケなのだ。

 鈴木は現役時代の2010年、「ベスト・ファーザー賞」に選出されたこともある。その際、「いつも息子がお守りを作ってくれたり、似顔絵を描いてくれたりして、家に帰るのが楽しみです」とコメントしているほど、「家庭」をウリにしていた。が、実際はそう日を置かずして、「別の家庭」に手を出していたことになる。

(2)へつづく

特集「日本シリーズの折も折『不実の写真』流出! 巨人『鈴木尚広』コーチと『美魔女』“重婚”の記録」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]