CIAスパイ養成官「キヨ・ヤマダ」は売国奴だったのか

国際 2019年10月24日掲載

  • ブックマーク

 2015年8月、米バージニア州アーリントンは抜けるような青空が広がっていた。

 筆者は首都ワシントンD.C.で開催されていたシンクタンクの会議を終え、あとは当時暮らしていたマサチューセッツ州ボストンへ戻るだけだった。だが、帰途に就くまえに、以前からどうしても気になっていたアーリントン国立墓地に立ち寄ることにした。...

記事全文を読む