ハンストのナイジェリア人男性が飢餓死するまで 調査報告書を読んだ医師が解説

国際2019年10月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 前代未聞である。長崎県の大村入国管理センターで、一時的に外に出られる「仮放免」を求めてハンガーストライキを行っていた40代のナイジェリア人男性が、今年6月に「飢餓死」していたというのだ。入管施設でのハンストによる死亡はむろん初。法務省出入国在留管理庁が公表した調査報告書を基に、約1カ月に及んだハンストと餓死するまでの経緯をレポートする。

 ***...

記事全文を読む