旧皇族復帰プランで浮上、ベールに包まれた「東久邇宮家」に6人の男子

国内 社会

  • ブックマーク

現在、旧宮家の男系子孫には、少なくとも10人の独身男子がいる

“安定した皇位継承”を成すべく、安倍首相が提唱する旧皇族の復帰プラン。男系男子を皇族の“養子”として迎え、その次の世代から皇位継承権を発生させるという案(安倍首相が「文藝春秋」2012年2月号に寄せた論文より)だが、これには疑問の声も上がる。1947年に皇籍を離脱した人々を、70年の時を経て復帰させることに対する、国民感情である。

 ***

 旧皇族をめぐっては、かつては“事件”も起きていた。12年前に84歳で亡くなった旧梨本宮家の梨本徳彦氏のケースである。

「徳彦氏はもともと久邇宮の血筋で、1943年に臣籍降下した伯爵家の当主でした。66年には梨本家に養子に入り、旧宮家を継ぐことになったのですが、他人を疑わずすぐに信用してしまう性格が災いし、トラブルを招くことになりました」

 とは、さる皇室ジャーナリストである。

「自身が名誉総裁に就任していた団体が、元皇族という肩書を利用して寄付集めをし、詐欺の疑いをかけられたのです。徳彦氏も警察の事情聴取を受けるはめになりました。その後、出羽三山の一つ・羽黒山の山伏だった男性が、皇室とは無関係にもかかわらず家に入り込んだ。徳彦氏は彼と養子縁組し、梨本家を継がせてしまったのです」

 結果、旧梨本宮家は断絶。が、こうした宮家ばかりでないのは言うまでもない。

「現在、旧宮家の男系の血を引く子孫には、少なくとも10人の独身男子がいるとされます。内訳は、久邇家と竹田家に1人ずつ、賀陽家に2人、そして東久邇家の系統に6人というものです」(同)

 なかでも東久邇家の存在が、にわかに脚光を浴びているという。それは何故か。

次ページ:現在の皇室と近い家

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]