京アニ放火殺人 警察はなぜ被害者実名報道を決断したのか 元警察官僚、古野まほろ氏が分析

社会2019年10月1日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 7月に起きた京都アニメーションの放火殺人事件。京都府警は事件から40日後に犠牲者35人全員の実名を公表した。異例づくめの公表までの経緯から、様々な憶測も流れる本件について、元警察官僚で作家の古野まほろ氏に話を聞いた。...

記事全文を読む