「足し算ができない」「日本地図を知らない」 医療少年院の子どもたち

社会2019年9月18日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 前回の記事で、通常では考えられないくらいに「見る力」「写す力」など認知能力が低い子どもたちが医療少年院にいることをお伝えした。「認知の歪み」を抱えた子どもたちである。

 数多くの非行少年と向き合ってきた精神科医の宮口幸治氏は、新著『ケーキの切れない非行少年たち』の中で、こうした少年たちは、そもそも犯罪を反省することもできない、そうした力もないのだ、と指摘している。

 前回に引き続き、こうした子どもたちの衝撃の実態を同書から見てみよう(以下、引用はすべて『ケーキの切れない非行少年たち』より)。...

記事全文を読む