深海魚の胃袋からプラスチックごみ……「海の手配師」が語る、海洋汚染の現実

社会2019年8月30日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「宇宙飛行士の毛利衛さんと会った時に言われたんですよ。深海はいいね、だって生き物がいるもんって」

 深海魚ブームの火付け役である石垣幸二さんは軽やかに笑ってそう言った。

 深海世界や深海魚は今も昔も私たちを魅了してやまない。昨今では映画やドキュメンタリーにとどまらず、近未来の水族館を描いた『マグメル深海水族館』など漫画でもその魅力を知ることができる。インターネットで世界のどこでも誰かとつながることができて、宇宙から地球を見下ろすことさえ可能な現代に、いまだ多くの謎を残す深海の魅力に挑む「海の手配師」に話を聞いた。...

記事全文を読む