日本人の“京都離れ”が進行中、インバウンドがもたらす「観光公害」という病

社会2019年7月7日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 日本政府は、東京オリンピックが開催される2020年に訪日外国人観光客数4000万人の誘致を目指している。18年度は約3200万人だったから、2年で800万人増やすということになる。ところが、

「こうしたインバウンド(訪日外国人旅行)の増加は、旅行者による消費拡大という恩恵をもたらしますが、一方、マナー違反や環境破壊、住宅価格の高騰という副作用も生みます。それが観光公害です」...

記事全文を読む