京セラの「自然に優しい」太陽光発電がイワナ・ヤマメを全滅させた!

国内 社会 週刊新潮 2019年8月1日号掲載

  • ブックマーク

 自然に優しいエネルギーの決定版のように語られる太陽光発電だが、京セラによる発電所の設置工事現場では、聞こえるのは悲鳴ばかり。引き起こされていたのは「自然に優しい」が聞いて呆れる環境破壊だった。

 茨城県の水戸や日立よりもさらに北の山中を訪れると、山林が禿げたように切り開かれ、下から眺めると、遠目に太陽光パネルがうっすらと見えた。...

記事全文を読む