最悪の日韓関係、K-POPアーティストは今年の「紅白歌合戦」に選ばれるか

エンタメ 芸能 2019年8月22日掲載

  • ブックマーク

 日韓の外交関係が1965年の国交正常化以降、最悪とも言える状態に陥っている。外交問題と文化は別物であるものの、これほど問題が深刻化すると、大晦日のNHK「紅白歌合戦」への影響も避けられそうにない。K-POPアーティストたちの紅白出場はどうなるのか?

 ***

 今年の大晦日のNHK紅白歌合戦は、70回目の記念番組となる。令和になり最初の紅白でもあり、例年に増して華やかな番組になりそうだが、関係者たちの頭を悩ませそうなのが、K-POPアーティストたちの処遇だ。

「日韓の外交問題があるから、K-POPアーティストたちの出場については例年とはまったく違った考え方になるでしょう」(音楽業界と放送業界の内情に詳しい芸能ジャーナリストの渡邉裕二氏)

 K-POPアーティストたちはどうなるのか? それを占う前に、まずは平時であるなら出場が有力視されるK-POPアーティストたちの活躍ぶりを簡単に確認しておこう。

 2018年の第69回紅白にK-POPアーティストとして唯一出場したのが、多国籍ガールズグループ・TWICEだ。2年連続の出場だった。同9月にリリースした日本でのファーストアルバム「BDZ」がオリコンの週間ランキングで1位に輝いており、誰もが納得する選出だった。

 今年の彼女たちはどうかというと、人気は上昇の一途と言っていいだろう。3月から4月にかけては全国3都市(京セラドーム大阪、東京ドーム、ナゴヤドーム)でのドームツアーを成功させた。

 紅白に過去3回出場している男性デュオ・東方神起の活躍もめざましい。今年7月末にリリースした両A面シングル「Hot Hot Hot/ミラーズ」は、タワーレコードオンラインによる「J-POPシングル ウィークリーTOP30」で、日本人アーティストを押し退けて1位に輝いた(8月5日付)。「ミラーズ」はテレビ朝日の連続ドラマ「サイン―法医学者柚木貴志の事件―」の主題歌でもある。

 紅白には出たことがないものの、男性7人組のヒップホップグループ・BTS(防弾少年団)は世界的人気を誇る。今年4月にはアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」が米国ビルボード200のチャートで1位を獲得。1位獲得は通産3回目だ。

 7月3日に日本でリリースしたシングル「Lights/Boy With Luv」は、日本レコード協会から海外男性アーティストのシングルとしては初のミリオン認定を受けた。

 ほかにもガールズグループのBLACKPINK、男性13人によるグループのSEVENTEENなどが日本でも高い支持を受けている。

 なぜ、こんなにもK-POPは強いのか?

「世界基準に沿ったアーティストづくり、作品づくりに徹している。ファッションもそう。世界で人気を得ようとしている。ここが、基本的に国内にしか目を向けていない日本とは違うのです」(レコード会社元幹部)

次ページ:物足りない日本のアイドル

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]