「死ぬ瞬間まで自分を成長させることはできる」 がん哲学外来の言葉

ライフ 2019年8月20日掲載

  • ブックマーク

 順天堂大学医学部教授の樋野興夫氏が創設した「がん哲学外来」。そこで行われるのは手術でも化学療法でもない。患者や家族との「対話」である。しかし、その行為によって多くの人の心が救われている。たとえ深刻な状況でも、考え方で人生は変わってくる。樋野氏の著書、『がん哲学外来へようこそ』からある日の対話を見てみよう(以下、同書より引用)。

 ***...

記事全文を読む