老母の財産を弁護士が管理、生活費を1円も渡さず… トラブル続出の「成年後見制度」

社会 週刊新潮 2019年6月20日号掲載

  • ブックマーク

 認知症など判断能力が十分でない人の生活を支えるため、2000年に導入された成年後見制度。高齢化社会対策のひとつだったが、高齢者を守るどころか、その生活に不便さを招き、さらには老後の穏やかな生活まで奪っているという。いったい何が起きているのか。

 ***
...

記事全文を読む