夏本番で「無毛男性」が急増中 蒸れ防止だけではない意外な“メリット”の数々

社会2019年8月15日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 海外で活躍するサッカー選手の間では、下半身の毛を剃る――つまり、無毛にするのが当たり前という話も聞く。あの香川真司選手も、過去出演したテレビ番組で「無毛男子」を公言した。男性が無毛にすることのメリットとは何なのか。男性専門の総合美容クリニック「ゴリラクリニック」総院長の稲見文彦氏に聞いた。

 ***

 欧米ではアンダーヘアの処理は常識とされ、(日本人を含む)サッカーや野球などのスポーツプレイヤーにいたっては、アンダーヘアに加えて脇毛や脚の毛なども剃るという。その理由については後述するが、稲見氏によれば、そうした事情が日本でも知られるようになり、男性の美容意識の高まりも相まって、脱毛ケアをすることへの抵抗がなくなってきているという。

「当院を訪れる男性の数は、2014年10月の開院から昨年9月までの間で、18.8倍に増えています。一番多いのはヒゲですが、陰部・肛門のアンダーヘアをケアする男性も増加傾向にあります。ヒゲ脱毛をきっかけに無毛の良さに気付き、体毛やアンダーヘアを脱毛される方が増えているのだと考えられます」(稲見氏、以下同)

 毛を処理する方法は、自己処理での「剃る」「抜く」のほか、エステサロンの「光脱毛(一時的な滅毛)」、同院のような医療機関で行う「医療レーザー脱毛(毛根を破壊)」がある。特に最近の傾向では、40歳以上のミドル世代の利用者数が顕著に増えている。彼らの中には、脱毛を自己投資の一環として考えている人が多いようだ。

「年収が高い方、たとえば経営者や独立して活躍されている方などは、色々な人に会う機会も多いため、日々の身だしなみに気を遣っているケースが多いように感じます。ヘアの自己処理にかかる時間と費用を天秤にかけたときに、脱毛をプロに任せるという選択をされる方が多いようです」

 接待ゴルフ終わりのシャワーなど“裸の付き合い”が求められるオトナゆえ、体毛やアンダーヘアのお手入れも重要ということか。ちなみに同院の料金設定は、「ビキニライン+男性器+肛門(マタツルコース)」で税別14万円(5回)。決して安い額ではない。それでも男性を虜にする無毛の効能について、もう少し詳しく見ていこう。

利便性向上から介護対策にも効果的

 アスリートが毛をなくすのは、体毛の有無が競技のパフォーマンスに大きな影響を及ぼすからだという。水泳選手が水の抵抗を減らすために脱毛するという話はよく耳にするが、自転車選手は、脚の毛の有無によって空気抵抗が7%も異なるというデータまである。さらに、毛をなくすことで身体のメンテナンスもスムーズに行えるのだとか。

「テーピングや怪我の治療、競技後のマッサージの際に毛が邪魔になるという理由で脱毛される方は多いです。また、当院で医療脱毛中のK-1王者の武尊(たける)選手の場合、試合での肌露出が多く『ムダ毛がない方が、筋肉がきれいに見える』と言っています。格闘家として強いだけではなく『美しさがあってこそスター』という意識もあって、全身脱毛をされているようです」

 一般人にも、実用的なメリットはあるようだ。

「アンダーヘアを脱毛することの目的は、美容に限らず『究極の利便性』を追求するため。たとえば、無毛にすれば用を足すとき紙が少なくて済む。あるいは床に毛が落ちるのを防げる、ムレなくて快適、などの理由を口にされる方が多いです。また、『海外に転勤することになったが、向こうにはシャワートイレがないので困る』という理由から、Oライン(肛門周り)の脱毛を希望される方もいらっしゃいます」

 先に触れた通り、アンダーヘアの脱毛は他の部位に比べると利用者の年齢層がやや高い。「人に迷惑をかけたくない」という切実な理由もあるようで、

「団塊ジュニア世代が40歳代半ばになり、自分の祖父母を介護する場面も出てくるようになりました。介護において排泄の介助は避けては通れない問題。そこで自分の老後を想定したときに、介護してくれる人への気遣いとして、(処理しやすくするために)アンダーヘア脱毛を希望される男性が増えてきています」

 こうした日本特有の“美意識”も、男性の無毛化を後押ししているのだ。

光脱毛と医療レーザー脱毛

 ひと口にアンダーヘア脱毛といっても、さまざまなバリエーションがある。ゴリラクリニックの利用者を対象とした調査では、アンダーヘア脱毛中の男性の 約3割が「無毛にしたい」と回答し、残りの約7割が「デザイン脱毛(形を整える)」を希望しているという。

「トイレ時の利便性を求めてOラインのみ脱毛する方や、ビキニライン(股間と尻周り)を自然な形に整えたいという方まで、オーダーはいろいろ。毛量や長さのある人の場合、まずはその部位にレーザーを照射して下着からはみ出ない程度に薄く(毛量を少なく)します。その後は全てツルツルにする人もいれば、『人目が気になるから』とビキニラインを残して股間周りとOラインのみ照射する方もいます」

 処理法には自己処理の「剃る」「抜く」もあるが……。

「自己処理での剃毛は伸びかけのチクチクが不快ですし、カミソリ負けや毛嚢炎(細菌感染症の一種)を引き起こし、抗生剤による治療が必要になる場合もあります。特にアスリートの方々にとっては使用する薬剤についても制限があるため、肌荒れのリスクの少ない医療レーザー脱毛が支持されています。短期的にきれいになりたいのか、長期的に毛をなくしたいのか、自分の肌の強さや目的に応じて処理方法を選ぶのがいいでしょう」

 ちなみに、白髪に対してはレーザーによる脱毛効果は期待できないという。そのため、もしアンダーヘアの脱毛を検討しているなら「毛が黒いうち」がお勧めだ。

取材・文/松嶋千春(清談社)

週刊新潮WEB取材班