堀北真希と桐谷美玲が去った「女版ジャニーズ」事務所のマネージャーが大量流出

芸能週刊新潮 2019年8月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 関西のどこぞの会社ではないけれど、芸能事務所のゴタゴタが続いている。東に目を向ければ、堀北真希(30)や桐谷美玲(29)が輩出した“女版ジャニーズ”も新たな危機に直面しているというのだ。

 堀北に桐谷、さらに黒木メイサと往時は錚々たる女優が活躍する事務所だった。今年の5月には公式サイトをリニューアルしたことがちょっとしたベタ記事で報じられている。

 芸能記者の話。

「スウィートパワーという事務所なんですけどね、スカウトで瀬戸朝香を見出した女社長がトップを務めています。かつては所属タレントも社員も全員女性で“女版ジャニーズ”という異名があったくらいでした」

 ところが、2015年、事務所のドル箱だった堀北の結婚が事務所の風向きを変えることになる。

「17年に引退となった彼女を失い事務所は大慌て。社長は別の女優をテレビ局に必死で売り込んでいました」

 そして、次に訪れた激震は桐谷だった。昨年7月に堀北と同じく結婚を発表すると、

「彼女はもともと結婚願望が強く、子どもが欲しいという思いもあった。そこで、結婚後は事務所に対し仕事をセーブするよう要求していたのです。9月には当時キャスターを務めていた『NEWS ZERO』も降板しましたし、いまは女優業の仕事をほとんど入れていません」

 要は稼ぎ頭2トップを失った格好となったわけだ。

次ページ:特殊な会社

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]