内山理名が「フルーツ宅配便」で“薄幸のデリヘル嬢”を好演 事務所の看板女優復活?

芸能 2019年2月23日掲載

  • ブックマーク

 開き直ったテレ東ほど怖いものはない――と誰が言ったか知らないが、今クールの深夜ドラマで最もオススメなのが、金曜深夜の「ドラマ24」枠で放送されている「フルーツ宅配便」だ。派遣型風俗、いわゆるデリバリーヘルス(デリヘル)で働かざるを得ない男女を描く異色作で、初回(1月12日放送)のゲストが内山理名(37)。借金まみれでDV被害者のシングルマザーと、これぞ内山と呼べる演技で、ドラマ自体も勢いづいた。そして彼女自身も所属事務所の看板女優として復活の兆し、なんて声も聞こえてきて――。...

記事全文を読む