紅蘭「オレと別れたら家族全員を潰す」DV夫との離婚後押しした父・草刈正雄「それは愛じゃない」

エンタメ 芸能 週刊新潮 2019年7月25日号掲載

  • ブックマーク

「紅蘭」独占手記 父・草刈正雄が後ろ盾になる「離婚の乱」(3/3)

 紅蘭(くらん)(29)が明かす内縁夫との離婚劇。下田ムトアリッキー容疑者(31)からのDVは、昨年12月に第1子が生まれた後も続いた。荷物をまとめて実家へ避難した紅蘭を追い、担当マネージャーが社長を務めるアパレル会社へ。「紅蘭を出せ!」と騒ぎ出した結果、暴力を振るい、再逮捕と相成った。

 ***

 私たちは警察に被害届を提出していますが、またリッキーが牢から出てきたら、確実にヨリを戻そうと私のところにやってくるでしょう。復縁することは絶対にありませんが、そうと知ったら彼は何をするか分からない。リッキーは以前から「オレと別れたら、お前を業界から消す。家族全員を潰す」と言っていましたから。私の大切な人を奪い、傷つけるような脅し方をするのが彼のやり方。これ以上、他の方に迷惑をかけない為にも、私は今のマネージャーと関係を解消することも考えています。

〈大事な仲間を失う覚悟で、今後も芸能界で活動していきたいという彼女に、温かい助言を与えたのは“この人”だった。〉

 父は、「絶対に(決別の背景を)公表すべきだ」と言って私の背中を押してくれました。「お前は被害者で、ここまで怖い思いをしてきた。だけど、このまま彼と別れても世間の皆さんは理解できるのかな。2人のことを全部オープンにし、どんな事情で別れるのかをきちんと説明した方がいい」とアドバイスを貰った。

 父は私とリッキーがうまくいっていないことを知って、内心は心配でも紅蘭が支えると決めたなら、余計な干渉をせず見守るという姿勢を貫いていました。事件後も父は、「だから別れろと言っただろう」なんて責め立てるようなことは一切なく、あくまで私の決断を尊重して、事が上手くいくよう大事な時だけ手を差し出す。

次ページ:「それは愛じゃない」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]