早くも販売開始された“五輪選手村マンション”、「晴海フラッグ」最大の弱点は

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

最寄り駅「勝どき駅」まで徒歩20分

 展望台からレインボーブリッジや東京タワーが見渡せ、中央区観光協会より夜景八選に選ばれた晴海ふ頭公園。近くには豊洲新市場、有明テニスの森公園が見える。

 その晴海ふ頭に隣接する、東京ドームの3・7倍となる約18ヘクタールの広大な敷地に23棟のマンションが立ち並ぶ。来年の東京五輪・パラリンピックの選手宿舎を改修して建設するマンション群、晴海フラッグである。

 23棟のうち、今回分譲されるのは、14~50階建ての19棟(50階建てタワーは2棟)で4145戸である。賃貸は4棟で、1487戸。都心では“史上最大の分譲”と注目されているが、完成は4年後。約1万2000人が住むことになるという。

 その晴海フラッグの第一期購入受け付けが7月26日より始まる。売出し戸数は600戸超。販売価格は、5000万円台から1億円以上。4月に開業したモデルルームは、窓からレインボーブリッジが見られる映像もあるという。モデルルームへの入場は予約制だが、すでに約4500組が来場し、予約登録者は約2万2000人にものぼったというから、関心は極めて高いようだ。果たして、この物件は“買い”なのだろうか。

「僕は、お勧めできませんね」

 と語るのは、マンション問題に詳しい住宅ジャーナリストの榊淳司氏。

「最寄り駅は、都営大江戸線勝どき駅ですが、徒歩で20分は遠すぎます。また、この2、3年で勝どき駅の拡張工事を行いましたが、それでもキャパオーバーです。私は実際、朝のラッシュ時間にこの駅を使ったことがありますが、ものすごく混んでいますよ。駅のまわりにタワーマンションがどんどん建っているからです。そんなところに、新しく23棟もマンションができたら、駅は機能しなくなるでしょう」

 交通混雑の解消のため、東京都は環状2号線を使い晴海フラッグと新橋駅を約10分で結ぶBRT(バス高速輸送システム)の運行を計画している。ピーク時に1時間で20便程度(乗客2000人)を運行するというが、

「2台が連結したBRTでも、輸送力不足です。まだ、計画は立ってはいませんが、シャトルで東京駅まで結んだりしないと、問題は解決しないでしょうね。このままでは、不動産としての価値は低いと言わざるをえません」

次ページ:1棟まるごと売れ残り

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]