「宮迫」「田村」捨て身の会見で世論もスポーツ紙も“掌返し” 吉本「情報操作」の失敗

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

吉本が書かせた嘘?

 7月22日、吉本興業の岡本昭彦社長(52)が会見を開く予定だ。芸能マスコミだけでなく世論も、どんな発言をするか注目をしている。

 ***

 宮迫博之(49)と、田村亮(47)は20日に会見を開いた。ご存知の通り、潮目は完全に変わった。それまで猛威を振るっていた“闇営業芸人バッシング”は吹き飛んだ。

 翌21日のスポーツ紙も全紙が“掌返し”である。具体例として、サンスポ1面の見出しをご紹介しよう。

「宮迫 早期に会見希望も…もし開いたら『全員クビ』といわれた 号泣暴露!! 吉本【岡本社長】から圧力 『闇営業問題』嘘、隠蔽工作は謝罪も 亮は会見を止めた吉本に失望『背中を押してほしかった…』」

「圧力」「隠蔽」「失望」という単語が報道姿勢を雄弁に物語る。SNSを見れば、世論は吉本興業を“ブラック企業”と見なしつつある。

 ビートたけし(72)も、レギュラー出演する「新・情報7days ニュースキャスター」(TBS系列・土曜・22:00〜)で、吉本興業の経営方針を問題視。闇営業をしなければ食えない吉本芸人を擁護し、「最低保証くらいしろ」と指摘した。

 生放送に差し替えられた21日の「ワイドナショー」(フジテレビ系列・日曜・10:00〜)で松本人志(55)は、宮迫が金銭の授受に関して自分たちの嘘を“自白”した際、吉本興業から連絡があったことを暴露。

 松本が「会社としてはどうするの?」と今後の方針を確認すると、「静観します」という回答に失望したという。「『だったら俺、ちょっと吉本にいれないかもしれない』と言った」と明かした。

 宮迫と田村の号泣会見には、これほどのインパクトがあった。その中でも特に吉本興業には大きな痛手だと考えられるのは、スポーツ紙に“情報統制”を仕掛け、それが結果的に大失敗となったことが――宮迫と田村は「暴露の意図はない」と強調したものの――白日の下にさらされた点だ。

 1面トップの記事でも、吉本のミスリードに引っ張られて“誤報”になってしまったケースがある。被害者は日刊スポーツとスポーツ報知の2紙だ。もし宮迫と田村が会見をせずに芸能界を去っていたら、両紙の記事は”真実”として確定していただろう。

 7月19日、吉本興業は宮迫の契約解除を発表した。スポーツ紙の各紙は翌20日の紙面で大きく報道したのだが、その時に日刊スポーツと報知の1面に大きく掲載された見出しが問題なのだ。ご覧いただこう。

◆日刊スポーツ「宮迫会見拒否 逃げた!! 何一つ語らず引退 吉本提案も火だるま恐れ…打ち合わせドタキャン 心折れた金塊強奪犯との酒席報道」

◆スポーツ報知「宮迫『契約解消でいい 会見したくない』 18日打ち合わせ拒否され吉本が“解雇”」

 2紙は宮迫が「会見拒否」であり「会見したくない」ために逃亡したと大きく報道した。

 だが、まさに2紙が販売された20日、その宮迫が会見を自らセッティングし、「吉本興業に対しては感謝しかないですよ。感謝しか、こんな、こんなこと、したいわけないじゃないですか、すいません」と頭を下げながら嗚咽したのだ。

 日刊スポーツとスポーツ報知は、赤っ恥をかかされたといっても過言ではない。記事を読めば、契約解除に至る経緯が意図的に省かれていたり、会見拒否のニュアンスが歪められたりしている。2紙の記者は、吉本側の情報に“丸乗り”した可能性があるわけだ。

次ページ:岡本社長の暴言は一般紙も速報

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]