ノストラダムスと日本沈没 2冊でパニックにおとしいれた編集者

エンタメ 2019年7月24日掲載

  • ブックマーク

 7月が来ると思い出す人も多いのではないだろうか。
 今年もあの恐怖の大魔王は空から降ってこなかったなと。

〈1999年7月、空から恐怖の大王が降ってきて世界は破滅する〉

 そう、ご存じあの「ノストラダムスの大予言」の一節である。
 1973年秋に出版された『ノストラダムスの大予言』(五島勉、祥伝社刊)が紹介したのは、16世紀のフランスの医師・占星術師ノストラダムスが残した「予言集」。

 抽象的な言葉が並ぶ詩集のような「予言集」は、公害問題や第2次世界大戦まで言い当てている! というのが著者である五島氏の解説である。...

記事全文を読む