国民的大女優が「新宿2丁目」でスナック・ママをやっていた頃

芸能2019年7月10日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 新宿2丁目といえば、現在ではすっかりゲイバー等が乱立するLGBTの街として有名になっている。テレビのバラエティ番組でも、よく取り上げられるので、全国区の知名度を獲得していると言ってもいいだろう。

 しかしながら、国の特区でも何でもないので、街には他にもいろいろな顔がある。ここでゲイバーを経営する作家、伏見憲明氏の新著『新宿二丁目』には、意外な大女優がスナックのママをやっていた、という秘話が紹介されている。時代は昭和30年代半ば。赤線の廃止により、2丁目界隈はかつての賑わいを失っていた頃の話である。...

記事全文を読む