稲垣・草なぎ・香取はCMに出まくり、元フジ社員とタッグで飯島女史の企画力

芸能2019年7月7日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏(87)が6月18日に倒れ、都内の病院に緊急搬送されたのは報じられているとおり。芸能界、マスコミ界は激震に見舞われ、元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)も心配していると伝えられた。ところで、この3人はやたらとCMで見かける。どうしてなのだろう?

 ***

 稲垣、草なぎ、香取をテレビ画面で見ない日はないだろう。CMがほぼ切れ目なく流れているからだ。

 まず3人そろって数字選択式宝くじ「ロト&ナンバーズ」とゲーム「星のドラゴンクエスト」(スクウェア・エニックス)のCMに登場。さらに稲垣と香取はノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」(サントリービール)に出ている。草なぎと香取では「スカルプD メディカルミノキ5」(アンファー)に登場中。さらに単独のCMもある。

「やっぱり飯島君は凄い。できる」と感心するのは大手芸能プロダクションの幹部だ。「飯島君」とは、3人と軌を一にしてジャニーズ事務所を離れた飯島三智さん(61)。もともとはSMAPのマネージャーで、「育ての親」とも言える存在だった。現在は3人が所属する芸能プロ・CULENの代表を務めている。

 飯島さんの何が凄いのか?

「まず、SMAP時代からスポンサーに信用がある。仕事熱心で誠実だから。SMAPがCMに出た縁で知り合ったソフトバンクの孫正義会長もすっかり惚れ込み、飯島君がジャニーズ事務所から独立する際には孫会長が資金援助するんじゃないかと噂されたくらい」(同・大手芸能プロ幹部)

 2020年東京パラリンピック公式応援サポーターの契約を守り抜こうとした点でも信用を高めた。SMAPは解散前の2015年から大会開催までサポーターを務めるはずだったものの、16年の解散により契約が雲散霧消してしまった。

 だが、飯島さんの奔走により、3人は新たに日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーターに就いた。契約を反故にするのは芸能界ならずともタブーなので、飯島さんの評価は高まったのだ。

 とはいえ、信用と評価だけでは大金の絡むCMは得られない。

「飯島君は企画力もある」(同・大手芸能プロ幹部)

 その企画力の分かりやすい具体例は、稲垣と香取の出ている「オールフリー」。SMAPを離れた2人については当初、行く末を案じる声も少なからずあった。「ジャニーズ事務所を離れて、やっていけるのか」などと言われた。ところが、それを逆手に取り、2018年2月から「新しく自由に」をキャッチフレーズにするCMに登場したのである。

 ジャニーズ事務所を退社し再出発したので、2人は「新しく自由に」だった。一方の「オールフリー」も味とパッケージを一新したばかりで、ノンアルコールでいつでも飲めるから、やはり「新しく自由に」。CMづくりには当初から飯島さんが深く関わったとされている。

次ページ:テレビにも手腕発揮

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]