「新宿2丁目」をゲイの街にした男の肖像

社会2019年6月28日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「新宿2丁目」と言えば、ゲイバーなどが乱立する世界一のLGBTタウンとして、今や世界に名を知られるほどである。

 では、いつから新宿2丁目はそのようになったのか。この問いに、正面から答えたのが、自身、ゲイバーを経営する作家の伏見憲明氏である。伏見氏は、膨大な資料と証言をもとに新著『新宿二丁目』で、この街の全貌を描くという試みに挑戦している。以下、同書をもとに、新宿2丁目ができるまでを見てみよう(引用はすべて同書より)。...

記事全文を読む