「交番襲撃」が相次ぐ理由 元警察官僚、古野まほろ氏が分析

社会2019年6月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 大阪府で交番勤務中の巡査が包丁で刺され、拳銃が奪われた事件。発見された拳銃は実弾1発が発砲された形跡があり、地域社会に与えた不安と恐怖は大きい。元警察官僚の古野まほろ氏に事件について話を聞いた。

 ***...

記事全文を読む