残留兵の小野田さんは「終戦」も「朝日新聞の変節」も知っていた

国内 社会 週刊新潮 2019年6月20日号掲載

  • ブックマーク

 この夏は、令和になり初めての終戦記念日が控える。否応なしに昭和の時代を振り返ることになるが、戦後になってもなお異国の地で最後まで闘っていた男が小野田寛郎少尉だ。終戦から29年、51歳で帰還した残留兵は、持ち前の慧眼で大新聞の変節を察知していた。...

記事全文を読む