スマホで卒論を書く時代、ならば今どきの若者はどんなパソコンを使っているのか

ビジネス2019年5月21日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 2019年3月、“大学生に、ノートPCはいらない。”という「Microsoft Surface」(マイクロソフト社のパソコン製品)の広告が話題になった。今や卒業論文をスマートフォンのフリック入力で書き上げる学生も出現しているようだ。現役の家電量販店販売員にして、家電ライターとしても活動するライター「たろっさ」氏に、イマドキの若者のパソコン事情を聞いた。

 ***

 総務省の最新資料「平成30年版情報通信白書」によれば、2017年時点の各世帯が保有する情報通信機器の割合は、パソコンが72.5%であるのに対し、スマートフォンは75.1%。徐々に保有率が下降していたパソコンを、急激に上昇していたスマートフォンが追い抜いたのだ。同時に、タブレット型端末の保有率も右肩上がりを続けている。

 特に若者のパソコン離れは顕著だ、とたろっさ氏はいう。

「スマホ(タブレット)は、パソコンとほぼ同等の機能を備えているうえにかさばらないので、わざわざパソコンを用意する必要もないということでしょう。卒論をスマホで作成したという大学生の話も聞くぐらいですからね。また最近は、スマホ契約時にタブレット付きのプランを契約して2台持ちする人も増えています」(たろっさ氏、以下同)

次ページ:最低限で十分

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]