「山口真帆」のNGT48卒業後を占う 業界人が「それほど甘くない」という理由

エンタメ 芸能 2019年5月19日掲載

  • ブックマーク

 あの事件から5ヶ月、5月18日の公演をもって山口真帆(23)がNGT48を卒業した。なぜ被害者である“まほほん”がグループを辞めなければならないのか、事件の解明はどうなったのか、ファンの憤りは収まらないが、なにより彼女の今後が気がかりだ。

 スポーツ紙では早くも、複数事務所からのオファー、大手事務所が興味……とも報じられているので、心機一転、活躍を期待したところ。だが、「そう簡単にはいかない」という業界の声もあって……。

 ***

 山口がマンションの自室前で、男2人から頭を捕まれるなどの暴行を受けたのは昨年(18年)12月9日だった。意を決した彼女がSNSで暴行の被害とメンバーの関与を告白したのが、ひと月後の1月9日。翌日の公演では、被害者である彼女がなぜか謝罪することとなり、AKBグループの先輩で、HKT48(当時)の指原莉乃も運営のAKSを批判した。その後もAKSの対応は後手後手にまわり、結局、4月21日には、山口の卒業が発表されたのだ。

 事件以来、謝罪や反省、会社への批判が多かった彼女のTwitterだが、卒業を決意して吹っ切れたのか、25日には久しぶりに力強いメッセージが公開された。

〈アイドルは辞めてしまうけど、/1人の人として、/皆さんにまた愛してもらえるような、/強く優しい女性になりたいと思います。/後ろ指を指されようが、/自分が信じた道に向かって、/真っ直ぐに生きていきたいです。〉

 芸能記者は言う。

「運営側を告発した度胸、そして事件以来、高まる発言力は、今後の彼女の強みとなるでしょうね。彼女がNGTのメンバーでなければ、指原のようになれた可能性も……。ただ、あの事件のおかげで、彼女が注目を浴びたのは紛れもない事実。話題性は十分ですから複数の芸能事務所が触手を伸ばしていると報じられたのでしょう」

 こうした報道を受けて、気をもんでいたファンも安心したようだ。SNSには以下のような応援メッセージが並ぶ。

〈まほほん、新事務所でまた夢を追いかけてほしい。良い出会いがありますように!〉

〈一緒に辞めた子たちと移籍したらいい!頑張れ!!〉

〈失礼だけどAKSとは見切りをつけるのが正解/いい事務所と縁がありますように。〉

〈まほほん/次の事務所は責任逃れなんかしない良い事務所だといいね/どこへ行っても応援するから!!〉

〈そりゃあ引く手数多だろう。大事なのは、彼女とファンの思いが踏みにじられない事務所に出会えるか。/芸能界だから真っ白とはいかないかもだけど…〉

 確かに“芸能界だから真っ白とはいかないかも”という不安はあるはずだ。

次ページ:業界の忖度

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]