55年前と来年「東京五輪」を2回取材 89歳現役“格闘技記者”の凄すぎる取材歴

スポーツ2019年5月14日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 4月29日「昭和の日」、日本武道館で体重無差別で「真の日本一」を決める全日本柔道選手権大会が開催され、決勝でウルフ・アロン(23)が加藤博剛(33)を破り初優勝した。100キロ以下級の2人が、並みいる巨漢を支え釣り込み足や巴投げなど多彩な技で翻弄して勝ち上がったのは見事だったが、最重量クラスの本命、王子谷剛志(26)や原沢久喜(26)は不甲斐なかった。(取材・文/粟野仁雄 ジャーナリスト)...

記事全文を読む