ぷっちょ、クロレッツ… 子どもに控えさせたい「食べてはいけないお菓子」ランキング

食・暮らし 週刊新潮 2019年2月7日号初出/2019年4月30日掲載

  • ブックマーク

「便利」と「健康リスク」

 リストでは、6位のUHA味覚糖「コロッケのまんま 二度づけ禁止ソース味」など、揚げ物の風味を謳う菓子がランク入りしている。製法の詳細が公表されていないだけに、添加物の蓄積や混合と合わせ注意する必要があるだろう。

 リストに挙がった菓子メーカーに話を訊くと、

「食品添加物は厚生労働省で定めている使用基準に基づいて使用しています」(クラシエフーズ)

 他社の回答もほとんど同様だったが、家庭ですぐ調理できるレトルト食品や職場で気軽につまめる菓子は、今や忙しい現代人の胃袋に欠かせないものとなってしまったのも事実である。

 ハーバード大学などで研究を重ねてきた医師の大西睦子氏はこんな意見だ。

「簡単に食べられて便利な商品は、健康にリスクがあると疑うことも大切です。これまで超加工食品は肥満や糖尿病になりやすいといった点が注目されていました。それが今回、がんにも言及した論文が出て話題になっています。まだ新しい研究で決定的な答えは出ていませんが、現段階で疑いがあるものは気をつけた方がいい、ということです」

 明日も健康でいるために、目の前のモノを食べるべきか避けるべきか――。迷える貴方にとって、本稿がその一助になれば幸いである。

特集「大反響! 10万人を8年間追跡調査 『パリ第13大学』の論文で判明した『がんリスク』増大!! 食べてはいけない『超加工食品』実名リスト第2弾」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]