「桜田淳子」統一教会・合同結婚式参加で世間は仰天 キーパーソンは姉【平成の怪事件簿】

社会2019年4月30日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 つい数年前にも、朝ドラ出演女優が突然の“出家”を表明し、世間を騒がせたことがあった。が、桜田淳子が「統一教会」の信者であると明かした際の反響は、その比ではない。アイドルはなぜ入信したのか。背後には筋金入りの信者である姉の存在があった。(駒村吉重 ノンフィクション・ライター)

 ***

 かつてのスーパーアイドル、桜田淳子の婚約会見は、往年の輝きを彷彿とさせるほどのカメラマン、レポーターの放列にさらされた。だが、緊張気味に背筋を伸ばす婚約者の傍らで見せた、彼女の幸せそうな微笑みに、

 ようこそここへ~ クッククック~
 
 という大ヒット曲「わたしの青い鳥」の、夢見るようなフレーズを思い浮かべた人は、もう少なかったに違いない。34歳の女優に向いた芸能マスコミの関心はもっぱら、この選択をするにいたった私的な信仰にあったのだ。
 
 平成4年7月、翌月に「統一教会」(現:世界平和統一家庭連合)なる宗教団体がソウルで執り行う1万人の「合同結婚式」が、にわかに芸能メディアの一大関心事となっていた。桜田淳子はじめ新体操界の元女王・山崎浩子ら著名な日本人女性数人が、この参加者名簿に名を連ねていたことが明るみに出たからだ。

「これこそ理想の結婚と感じています」

 自信にあふれた口調で信仰を公にした淳子を、生家の兄は「もう縁を切った」と突き放した。芸能の世界もやはり、「隠れキリシタン」をやめた彼女を拒絶した。挙式後、「統一教会の広告塔」のレッテルを貼られたその姿を、テレビ画面のなかに見かけることはばたりとなくなってしまった。

次ページ:桜田家の人々

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]