66年前、19歳で米国を訪問された「天皇陛下」と映画「ローマの休日」

社会週刊新潮 2019年4月29日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 その古ぼけた英文の手紙は、ニューヨーク郊外の邸宅の書庫にひっそりと眠っていた。収めたファイルには、「Crown Prince Akihito」(皇太子明仁)との手書きの文字が見え、日付は1953年10月16日、宛て先は東京の宮内庁の三谷隆信侍従長とある。

「皇太子が米国訪問を楽しまれたのは、とても喜ばしく、その日程にささやかな役割を果たせたのを光栄に思います。(中略)殿下がミュージック・ホールのショーの観劇だけでなく、映画『ローマの休日』を観るまで残られたと聞いて、とても喜んでおります。...

記事全文を読む