「いだてん」よりもドラマチック? オリンピック復活までのプレゼン物語

スポーツ2019年4月28日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

オリンピックはプレゼンの産物

 視聴率の低迷、出演俳優の逮捕、死去とネガティヴな話題がクローズアップされがちなNHK大河ドラマ「いだてん」。ただし、これから東京オリンピックという高齢の視聴者には馴染みのあるエピソードになっていくので、局面を打開することもありえるだろう。物語の後半は、東京五輪の招致活動に携わった人物が主人公となっていく。

 オリンピック開催にあたっては、このような招致活動が重要な役割を果たすことは、よく知られている。2020年の東京招致では、皇族まで動員した日本のプレゼンテーションが奏功したという見方は強かった。...

記事全文を読む