『ロケット・ササキ』外伝(1)「電子レンジ」開発に携わった「寺師一清」

ビジネスForesight 2019年4月4日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 1953年に大阪府立大学を卒業した寺師一清(てらしかずきよ)は「実家から通える」という理由で早川電機工業(現シャープ)に入社した。大卒入社の1期生で同期は13人いた。大学で機械工学を学んだ寺師は研究所に配属された。

 その年の2月に『NHK』のテレビ放送が始まった。売れるかどうか分からなくても、いの一番に製品化し、世間から「ハヤカッタ電機」と冷やかされていた早川電機は、放送が始まる前に電機業界の先陣を切って家庭用テレビの量産に踏み切った。

車より高い調理器

...

記事全文を読む