「マッチプレー選手権」で見せられた「後味の悪さ」から考える

国際Foresight 2019年4月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 世界選手権シリーズの「WGCデルテクノロジーズ・マッチプレー選手権」(3月27~31日)は、35歳の米国人選手、ケビン・キスナーの優勝で幕を閉じた。

 そのキスナーに敗れ、大会最年長優勝を逃した40歳の米国人、マット・クーチャーの胸の中には、敗北の悔しさ以外にもう1つ、すっきりしないものが残った。

 それは、前日の準々決勝でクーチャーがスペイン出身のセルジオ・ガルシア(39)と対戦した際に起こった、ある出来事から生じた確執。

 そして、2人の確執は、眺めていたゴルフファンにも後味の悪さを残した。...

記事全文を読む