「ピエール瀧」コカイン事件で歯ぎしりの警視庁 次なる標的は“演技派女優”“大物俳優”

芸能週刊新潮 2019年3月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が、自宅でコカインを使った疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたのは3月12日のことだった。

 瀧容疑者がコカイン事件の責任を問われるのは当然としても、過去の電気グルーヴの作品、さらには出演した映画やドラマをことごとく世の中から葬り去ろうとする動きは、あまりにもヒステリックな反応ではなかろうか。それによる違約金が「最低でも30億円は下らない」、「いや、100億円にのぼる」といった憶測ばかりが飛び交う現状に、瀧容疑者の実父が胸の内を明かす。...

記事全文を読む