「アルツハイマー予防」に既存薬が劇的効果 大阪市立大教授が発見、メカニズムを解説

ライフ週刊新潮 2019年2月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

アルツハイマー予防に劇的効果の既存薬――富山貴美(1/2)

 近い将来、認知症患者が1千万人を超えることはもはや避けられない現実。一方、医療の最前線では、「予防」によってアルツハイマー病を克服する研究が進められている。大阪市立大学の富山貴美研究教授が明かす新たな認知症対策のカギは、意外にも既存薬にあった。

 ***...

記事全文を読む