アルツハイマー型認知症は「脳の糖尿病」だった 治療の最前線

ライフ週刊新潮 2018年9月27日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

根本治療が見えてきた「アルツハイマー」(1/2)

 人の名前が出てこない度に心配になるが、健康診断で発症リスクが分かるわけではない。アルツハイマー型認知症は身近なようで身近でない病だ。9月21日は「世界アルツハイマーデー」。今、治療の最前線では何が起こっているのか。そこにこそ自衛のヒントがある。

 ***...

記事全文を読む