相次いだ知人の早世 死に思うこと(中川淳一郎)

社会週刊新潮 2019年3月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 2018年から19年にかけ、若い知人が次々と亡くなり、「死」について色々と考え始めました。週刊誌には遺産相続や葬儀の手続きなどの記事が多く、「死」が身近な昨今ですが、ここ最近亡くなった方はそこそこ関係が深かったので衝撃は大きかった。...

記事全文を読む