“日本の政治家”がモデルの処女を3億円で落札!? その正体は…

社会週刊新潮 2019年3月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ドイツ発で、わが国の政治家が注目を集めている。といっても、政治力ではなく、へそ下三寸の精力の話である。「シンデレラ・エスコート」なる売春斡旋サイトで、「外人モデルの処女」を240万ユーロ(約3億円)という法外な値段で「東京の政治家」が競り落としたという。それは、一体、誰!? しかし、このサイト、なにやらいわくつきでもあるようで……。...

記事全文を読む