創価学会員が語る「私が『赤旗』で自公政権をディスった深い理由」

政治週刊新潮 2019年3月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 米軍辺野古基地建設への“反対”が7割を超えた沖縄県民投票。その1週間後、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗 日曜版」(3月3日)が“県民投票特集”を組み、そのなかのインタビューが話題になっている。

 赤旗の取材に答えたのは、公明党の支持母体である創価学会の現役会員で、沖縄県那覇市に住む仲宗根政良(なかそねまさよし)さん(76)だ。その仲宗根さんは、自公政権をこう糾弾した。

〈いま、民意を尊重し公平公正に行動するという政治倫理の根本が問われています。民意を無視する安倍自公政権の態度こそ、日本を不幸にする元凶です〉

 学会にとっては仇敵ともいえる共産党の機関紙に登場するとは驚きだ。仲宗根さんご本人に話を聞くと、

「創価学会が公明党支持とはいえ、宗教と政治は別。日蓮大聖人の教えは批判できませんが、公明党の政治姿勢を糺せないのはおかしい。当然、県民投票では反対に投じました」

 マグロ漁船で無線通信士をしていた仲宗根さんは、1982年に創価学会へ入会。ブロック長として長年にわたり、選挙では公明党支持を訴えてきた古参会員だ。反旗を翻すきっかけは、

「2012年12月の衆院選で、自公は与党に返り咲きました。その後、自民党議員が公約に反して“辺野古移設”を容認し、当時の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事も埋め立てを承認した。それまで“自民党のブレーキ役になる”と豪語していた公明党が、沖縄では辺野古基地建設に反対し、中央では移設推進に賛成した。結局、民衆の意見に耳を傾けず、自民党に迎合し、権力と一体化してしまったのです」

 仲宗根さんは地元紙「琉球新報」の取材も受けているが、嫌がらせはないのか。

「月に1回開かれる学会の座談会で、他の会員から“反学会か”と罵倒されたこともありました。私が行くと雰囲気が悪くなるので、座談会には足を運ばなくなりました。ですが、本部から除名などの処分は受けていません」

 先の県知事選では、玉城デニー陣営で学会の三色旗が翻った。沖縄の学会では、仲宗根さんに賛同する声が拡がりつつあるという。