「南野陽子」離婚危機で思い出す女優の“ダメ夫列伝” 逮捕された10人の罪状とその後

芸能2019年3月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 とうとう南野陽子(51)の夫が業務上横領で刑事告訴され、逮捕の可能性もあるという。これまで散々、夫の“だめんず”ぶりは報じられてきており、離婚しなかったのが不思議なほどだった。しかし、刑事事件ともなると、さすがにそうはいくまい。なぜなら過去、女優の夫が刑事事件で逮捕されると、離婚に至るケースがほとんどだからだ――。

 ***

 まずは2010年以降、女優の妻に多大なる迷惑をかけ、離婚に至ったケースを見てみよう。

 カリスマモデルだった“人間・高垣麗子”が音楽プロデューサーで人気DJの森田昌典と再婚(前夫は元スピードスケート選手の清水宏保)したのは15年3月のこと。17年には長女も誕生したが、翌年3月に夫が香港から金塊4キロ(販売価格1880万円相当)を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反などの疑いで逮捕。5カ月後の8月には、高垣はブログで離婚の発表をした。

 岩下志麻の後を受け「極道の妻たち」の主役も務めた売れっ子女優・高島礼子と端役男優・高知東生は、99年の結婚当初から「いつまでもつか」と危ぶまれたが、おしどり夫婦ぶりをアピールしてきた。高知は15年6月末に所属事務所を退社し、長くパーキンソン病を患う高島の父を介護するため芸能界からの引退を発表。より夫婦の絆は深まったかと思われたが、翌16年6月24日に覚醒剤取締法違反(所持)および大麻取締法違反(同)の容疑で横浜市内のラブホテル内で現行犯逮捕された。しかも、同室にいた女性も共犯で逮捕されたとあって、さすがの姐さんも離婚を決意した。

 モデルや女優、ロック歌手としても活動する土屋アンナは、04年にモデルのジョシュアとデキちゃった結婚したものの、06年に離婚。09年には、人気スタイリスト菊池大和とのデキ再婚を発表した。イケメンでスタイリストとして腕も良かったらしいが、酒癖の悪さが玉に瑕で、11年9月に六本木のカラオケ店で酔って店員や駆けつけた警官にまで暴行をふるって、傷害と公務執行妨害などで御用となった。その後、夫婦仲は円満と装っていたが、アンナへのDVが報じられ、14年にはアンナの“子連れ不倫”も報じられるまでになり、16年に離婚を発表。アンナは現在、3人目の夫と暮らしている。

 その妻へのDVが警察沙汰となったのが、元モーニング娘。の加護亜衣だ。未成年だったモー娘。時代より喫煙が報じられ契約解除。その後も不倫が報じられるなど波瀾万丈だったが、20歳以上年の離れた自称・会社役員の安藤陽彦と交際中に、安藤が借金をチャラにするため暴力団の名を出して脅したため、警視庁組織犯罪対策4課(マル暴)に恐喝未遂で逮捕された。彼女も参考人聴取され、自殺未遂まで起こした。それでも結婚したため、誰もが心配したのだが、案の定、15年5月にはDVで通報。翌月には離婚となった。すでに再婚した加護チャンは、第2子も出産して、今は元気なようだ。

 一方、「夫婦で何度も話し合い、このような形が最善の策だという結論に至りました。いゃ~人生、色々ありますね」とやけに明るく離婚を発表したのは、台東区・元浅草の大手仏壇店のお嬢様である山口もえ。ネット通販で成功した“ヒルズ族”の尾関茂雄と結婚したのは05年のこと。08年には夫が社長職を解任され離婚の危機も報じられたが、おっとりした妻は否定し続けた。しかし、11年6月に無許可でキャバクラ営業していたために風営法違反で逮捕されると、さすがの妻も離婚を決意。現在はご存知、爆笑問題の田中裕二と幸せな家庭を築いている。

 人世いろいろな夫婦物語があるものである。

次ページ:ナンノの場合

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]