W杯出場男子バスケ日本代表監督はなぜアルゼンチン人なのか

スポーツ週刊新潮 2019年3月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 昨年夏、ジャカルタで行われたアジア大会で“買春騒動”を起こした男子バスケ日本代表が汚名を返上した。W杯アジア予選で8連勝し、21年ぶりに自力でのW杯出場権を獲得した。

 これまでの男子代表は、国際バスケ連盟から“あまりに弱い国は、五輪開催国であろうと出場を認めない”と東京五輪出場にダメ出しを食らうほどの体たらくだったが、今回の結果を受けて44年ぶりの五輪出場へ大きく前進した。...

記事全文を読む