幼な妻に揺さぶり? 「紀州のドン・ファン」遺書に捏造疑惑浮上

社会週刊新潮 2019年3月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 迷宮入りも囁かれていた「紀州のドン・ファン」怪死事件が、あらたな展開を見せ始めた。和歌山県警だけでなく、大阪府警も捜査に乗り出したのだ。その最中、急性覚醒剤中毒で謎の死を遂げた野崎幸助氏(享年77)の遺言書に、「捏造」の疑いが浮上してきたのである。...

記事全文を読む