「紀州のドン・ファン」幼妻、遺産相続待たず7千万円を“先食い”していた

社会週刊新潮 2019年1月3・10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 入籍からわずか3カ月で夫に先立たれた22歳の花嫁。だが、悲劇の陰で、彼女の行動にはなぜか「疑惑」がつきまとうのだ。これもその一例かも知れない。紀州のドン・ファンこと故・野崎幸助氏(享年77)の幼な妻は、遺産相続を待たずに「7千万円」を先食いしていたという。

 ***...

記事全文を読む