“団塊の世代”生みの親「堺屋太一」のアイデアマン人生

ビジネス週刊新潮 2019年2月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 大河ドラマ「峠の群像」は、忠臣蔵を題材にした物語だ。元禄文化が隆盛を極める一方で、武家社会には凋落の影が忍び寄る。吉良邸への討ち入り事件は、下り坂を迎える江戸時代の「峠」であったと、原作者の堺屋太一氏(享年83)は描いて見せたのだ。...

記事全文を読む