「犯罪癖は治らない」は本当か? 茨城女子大生殺人の容疑者も再犯だった

社会2019年2月22日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 茨城県神栖市の空き地で女子大生の遺体が見つかった事件で逮捕された廣瀬晃一容疑者(35)。実は廣瀬容疑者には性犯罪などで2度の検挙歴があり、一昨年4月に逮捕された児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑では有罪判決を受けているという。

 事件マニアの間では、無責任に激論が交わされている犯罪界の「再犯」事情。この世で罪を犯した者は、法廷で裁かれ刑に服す。そこでの生活ぶりはここでは省くが、いずれにしても刑務所とは二度と戻りたくない場所のはず。ところが、再び愚行に手を染めてしまう輩が何とも多い。...

記事全文を読む