白井佳夫氏が「人生最高の映画の一本」と絶賛したガレッジセール・ゴリ監督作品「洗骨」

映画週刊新潮 2019年2月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 テレビ局とのタイアップ映画や「ボヘミアン・ラプソディ」とは話題になる頻度は比べ物にならないが、一部で高い評価を獲得しているのが、ガレッジセールのゴリこと照屋年之監督の初となる劇場本格公開作品だ。

 専門家筋の評価は極めて高いようで、映画評論界の最重鎮、白井佳夫氏は年間ベスト級の点数をつけている。

 どこが優れているのか。白井氏の評を転載しよう。

 ***...

記事全文を読む